北広島にこやか遺言相続相談室|相続登記 遺言書 家族信託

「教えて!goo」司法書士部門回答数16ヵ月連続第1位(2018年7月現在)の司法書士・行政書士が運営する、相続登記・遺言・家族信託をにこやかに進めたい皆さんのためのサイトです。

運営:すずな司法書士行政書士事務所
北海道北広島市西の里北4丁目6番地5
TEL 011-555-7717  FAX 011-351-5590
URL:http://suzuna-office.com/

Q4-1 故人の部屋から自筆証書遺言が見つかりました。どうしたらいいですか?

■封は開けずに遺言書の検認を 自筆証書遺言を見つけた場合、家庭裁判所で「遺言書の検認」という手続が必要です。 この時、封がされていても、開けずに裁判所に持って行ってください。 検認の流れは次の通りです。 1.必要な書類を集める 遺言者の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍,改製原戸籍)謄本、相続人全員の戸籍謄本など、必要な書類を集める これには2週間~1か月ほどかかります 2.家庭裁判所に検認の申立をする 収入印紙800円や切手数千円分が必要です。 申立先は、遺言者の最後の住所を管轄する家庭裁判所です。…

続きを読む

Q4-2 遺言書があるのかないのかわかりません。どうやって調べたらいいですか?また見つかったら何をしたらいいですか?

■遺言書は2種類 遺言書は大きく分けて、自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類があります。 公正証書遺言とは、公証人という公務員に準じる役職の人が、遺言者の依頼に基づいて作成した遺言書、自筆遺言証書は、遺言者が自分で書いた遺言書です。 どちらも遺言書には変わりありませんが、その後の手続が違います。 こちらも参考に Q 遺言書を残したいのですが、公正証書と自筆証書、どちらがいいですか? ■公正証書遺言は公証人役場で検索できる 公正証書遺言とは、公証人という公務員に準じる役職の人が、遺言者の依頼に基づいて作成した遺…

続きを読む

Q4-3 「全ての遺産を長男に相続させる」という遺言書が見つかりました。次男である私は1円ももらえないのですか?

■「全ての遺産を長男に相続させる」という遺言が見つかった! 先日、父Aが亡くなり、遺言書が見つかりました。 そこには「全ての遺産を長男Cに譲る」とあり、母Bは納得しているようです。 しかし次男である私(D)だって同じ父の子なのに、全く遺産がないというのが納得いきません。 何とか少しでも遺産をもらう方法はありませんか? ■遺留分を侵害された場合は、減殺請求ができる 遺言書がある場合には、その内容にに従って相続するのが原則です。 法律で定めた形式に従った遺言であれば、「全ての遺産を長男に譲る」という遺言自体は有…

続きを読む

Q4-4 父は生前、自宅不動産を私に譲ると言っていました。これは遺言として有効ですか?

■遺言は書面でないと無効 残念ながら、生前に口頭で「死後、不動産は長男に譲る」「死後、預金は妻に譲る」と意思を伝えていたとしても、それは遺言として法律的な効力は何もありません。 なぜなら遺言書は書面によることとされ、その形式も厳格に決まっているからです。 例えば日付を「平成27年1月吉日」としただけで無効となるくらい、厳しいものです。 これは亡くなってしまってからでは確認のしようがない遺言者の意思を、明確にするためです。 書面ですらそこまで厳格なのに、口頭での遺言が認められるわけがありません。 参考ページ …

続きを読む

Q4-5 遺言書が2通出てきました。どちらが有効ですか?

■原則として日付の新しいものが有効 遺言書とは、遺産の分け方についての故人の最終意思を尊重するために書かれるものです。 したがって、日付の新しいものが有効ということになります。 では「古い日付の遺言書は読まずにシュレッダーにかけていいか?」と聞かれれば、「内容を読んでみて判断」ということになります。 なぜなら次のようなケースがあるからです。 第1 平成26年3月1日付の遺言書 ・妻Aに自宅不動産と預金のうち4分の1を相続させる ・長男Bに預金のうち4分の2を相続させる ・次男Cに預金のうち4分の1を相続させ…

続きを読む

Q4-6 遺言書に「長男に不動産を相続させる」とあったが、長男は遺言者より先に亡くなっています。この場合、長男の子である孫が代襲相続するのですか?

■相続すべき人が遺言者より先に亡くなった場合は、その部分につき無効 故人より先に長男が亡くなっている場合、通常であれば代襲相続により長男の子ども(故人から見ると孫)が代襲相続(だいしゅうそうぞく)します。 しかしこのように遺言書に書かれている場合では、代襲相続しません(最判平成23年2月22日)。 なぜでしょう? 当相談室なりに判例を噛み砕いて説明するとこういうことです。 遺言書とは、故人の最終意思を尊重するために書かれるものですが、この遺言書からは「長男に不動産を相続させたい」という意思しか読み取れません…

続きを読む

Q4-7 遺言書がありますが、それと異なる遺産の分け方はできますか?

■条件付きではあるが、可能 遺言書があれば、その分け方に従うのが原則です(民法第908条)。 しかしそもそも遺言書は通常、残された家族が揉めずに相続を済ませるために書かれるものです。 逆に言えば、遺言書と違う分け方をすることで相続人の揉め事を回避できるなら、故人にとってもそれが本望、という考え方もできます。 よって判例では、一定の条件付きではありますが、遺言書と異なる遺産分割を認めています(さいたま地判平成14年2月7日、東京地判平成13年6月28日、東京高判平成11年2月17日、大阪地方判平成6年11月7…

続きを読む

Q4-8 遺産分割した後に遺言書の存在が発覚しました。どうすればいいですか?

■原則は遺言書の通りにやり直し 遺言書の存在を知らずに行われた遺産分割は、原則として無効です。 なぜなら遺言書とは、故人が自分の遺産を誰に引き継がせるのか、最終意思を示した書面であり、最大限に尊重されるべきだからです。 ここで問題になるのは、別の項で述べた「遺言書と異なる遺産分割をすることは(条件付きで)可能である」という件との兼ね合いです。 参考ページ Q4-7 遺言書がありますが、それと異なる遺産の分け方はできますか? これを見ると、遺言書と異なる遺産分割が認められるなら、後から遺言書が発見されようと、…

続きを読む